仕事効率化を目指す

SUNA BLOG

仕事効率化

糖質制限が危険は嘘?体調が悪くなる理由はカロリー不足か?【衝撃】

・糖質制ダイエットって身体に悪いって聞いたよ

・一時期流行ったけど本当はどうなの?

・そもそも糖質制限ってなに?どんな人におすすめなの?

こんな悩みを解決します。

この記事では、【糖質制限について詳しく知りたい人】【糖質制限をして体調が悪くなった人】に対して正しい知識をご紹介します。当記事の内容は「江部康二の糖質制限革命―医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト」をもとに執筆しています。


江部康二の糖質制限革命―医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト

最後まで読んでいただくと、「えっ!糖質制限って危険じゃないのか!こういう行為が危険なんだ!」根本から考えた方が変わります。ボクも新たな知識を知れたので、今めちゃくちゃワクワクしています。

この記事のまとめ

  • 糖質制限は目的に合わせておこなえば危険ではない
  • 糖質制限で体調が悪くなるのはカロリー不足である可能性が高い
  • やっぱり糖質制限はダイエットに効果あり
  • 食後の眠気や集中力の低下に悩んでいる人は糖質制限がおすすめ

糖質制限が危険は嘘!体調が悪くなる理由はカロリー不足か?

糖質制限革命」の著者である江部康二氏によると、糖質制限が危険というのは嘘であると論じています。

糖質制限ダイエットが流行したことで、多くの人が糖質制限をおこなうようになりました。「糖質制限でダイエットできた!」という人もいれば、「糖質を摂取しないとボーッとする」「体調が悪くなった」という意見も多く見受けられます。

しかし、江部康二氏は「ダイエット目的として糖質制限をしている人は、お米やパン、麺類を一切食べなければ良いと思っている」これが間違いなのだ。と断言しています。

糖質制限が危険と言われている理由【こんな誤解が広がっている】

「糖質制限は身体に悪い」「危険すぎる」と言われているのは、下記のような誤解が蔓延しているからだと、江部康二氏は語ります。

糖質制限の誤解

  • 「糖質だけ減らせばいいんでしょ?」という解釈
  • 「糖質は必須栄養素である」という根本的な誤解
  • 糖質制限を実践していた人が死亡。糖質制限だけが問題視された

それぞれについて詳しく解説します。

「糖質だけ減らせばいいんでしょ?」という解釈

糖質制限って、白米やパン、麺類を食べなければいいんでしょ?
ボクも同じこと考えてたんだけど、実は違うんだよ!
すなじゅん

「今までの食事から、単純にご飯やパン、イモなどを抜いただけの食事をすると、カロリー不足になります。正しくは「糖質の多い食品を抜き、その分だけたんぱく質と脂質を増やす」のです。

出典:江部康二の糖質制限革命―医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト

カロリー不足のせいで、さまざまな不調が出てしまうのですが、あたかも「糖質を抜いたからだ!」と解釈してしまう人が多いようです。これまで糖質を摂取していた分を「たんぱく質」や「脂質」で補う必要があります

「糖質は必須栄養素である」という根本的な誤解

糖質は人体にとって必須栄養素ではありません。

必須栄養素とは、人にとって欠かすことのできない物質です。必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維です。

出典:江部康二の糖質制限革命―医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト

糖質制限と言ってもブドウ糖は最低限の量は必要です。血液中にブドウ糖がないと赤血球は働くことができません。

しかし、ブドウ糖は食事で糖質を摂らなくても、たんぱく質や脂質を食べていれば十分な量は確保できると言われています。また、人体には糖新生という機能があり、アミノ酸や乳酸などからブドウ糖を作り出すことができます

死因は糖質制限ダイエットなのか?

ノンフィクションライターとして活躍していた桐山氏が逝去。桐山氏は約10年間、糖質制限ダイエットをおこなっていました。桐山氏の死因は明らかにされていないようですが、糖質制限ダイエットの第一人者として知られていたことから、「糖質制限が原因ではないのか?」と噂されました。

「桐山さんが亡くなられたのは本当に残念ですが、直接的な原因は、糖質制限ダイエットではないと考えます。

桐山さんの場合、もともと心臓が苦しくなり、医者に駆け込んだところ糖尿病が発見されましたが、そうなるまでに何年間、高血糖の期間があったかが問題です。

引用:週刊現代

糖質制限をすると肥満を解消できる3つの理由

糖質制限をすると肥満を解消できると言われており、具体的には下記の理由が挙げられます。

  1. 身体に蓄えられた脂肪を使いやすくなる
  2. 肥満ホルモンと呼ばれているインスリンの追加分泌が少なくなる
  3. 糖新生や食事誘発性熱産生が多いので消費カロリーが多い
すなじゅん
それぞれのポイントをわかりやすく解説します!

身体に蓄えられた脂肪を使いやすくなる

人間にとって主なエネルギー源は【糖質】と【脂質】です。

糖質を過剰に摂っていると、脂質をエネルギーとして使う仕組みが働きにくくなります。逆に、あまり糖質を摂らない食生活だと脂質をエネルギーとして使う仕組みがよく働くので、蓄えられた脂肪が減りやすくなります

インスリンの追加分泌が少なくなる

食事のときに、糖質をたくさん摂るほどインスリンが分泌されます。

インスリンは余ったカロリーを脂肪細胞に溜め込む作用をするので、インスリンの量が多いほど太りやすいのです。

つまり、糖質の量を減らせばその分だけインスリンの追加分泌が少なくなり肥満も改善されることに期待されています。

糖新生が起こり消費エネルギーが多い

人は赤血球のために最低限の血糖が必要です。

血糖が減少すると、肝臓でアミノ酸や乳酸などから新しいブドウ糖を作り、血糖を補います。この働きを糖新生と呼んでいます。

糖質の摂取量が少ないほど糖新生をする時間が長くなり、たくさんのエネルギーが使われるのです。

糖質制限の種類【準備編】

糖質制限の方法は大きくわけて3つあります。

  1. スーパー糖質制限食
  2. スタンダード糖質制限食事
  3. プチ糖質制限食

それぞれの特徴を解説します!

スーパー糖質制限食

ポイント

  • 3食とも糖質を制限する。主食をとらない
  • 糖尿病、ダイエット、いずれに対しても大きな効果をもたらす

スタンダード糖質制限食

ポイント

  • 3食のうち2食の糖質を制限する。(夕飯以外の1食だけ主食を摂る)
  • 従来のカロリー制限食に比べ、糖尿病やダイエットに顕著に効果が出る
  • スーパー糖質制限食よりも継続しやすい

プチ糖質制限食

ポイント

  • 3食のうち1食(夕方以外)だけ糖質を制限する
  • 軽いダイエット向き
  • 糖尿病の人には向かない

糖質制限を始める【実践編】

江部康二の糖質制限革命―医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト」では、【糖尿病治療としての糖質制限食とは、一日糖質量130g以内の食事】と定義しています。

しかし、糖質制限において公式ガイドラインなどは設けておらず、「個人のさじ加減」が大きいようです。

つまり、自分の目的(ダイエット・食後の眠気防止)に合わせた糖質制限食を実践しましょう。

ポイント

  • 糖質を控える代わりにたんぱく質や脂質、ビタミンを摂取する
  • 間食はナッツ類を摂取(血糖値の急激な上昇を防ぐ・食物繊維も豊富)
糖質130gってどうやって測ればいいの?
そういうときは、食品別糖質量がわかる本がおすすめだよ!
すなじゅん

食品別糖質量ハンドブック

 

食品別糖質量ハンドブックは、さまざまな食材・料理の糖質が記載されている本です。

カラーのイラストで記載されているので、知識がなくても一瞬で糖質量を調べられます。また、糖質制限食のおすすめメニューも記載されているので「何を食べたら良いのかわからない」という方にとっても便利なアイテムです。

ぜひ、ご覧ください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
すなじゅん

すなじゅん

Webライター&Jリーガーのマネージャー💻⚽️|スポーツ関係の専門学校卒業➡︎講師➡︎スポーツクラブ勤務➡︎Webライター|担当Jリーガーはクセの塊🔥|健康運動実践指導者|デスクワーカーが抱えるカラダの悩みを解決➡︎仕事効率化の記事を書いてます。

-仕事効率化

Copyright© SUNA BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.