仕事効率化を目指す

SUNA BLOG

仕事効率化

首が前に出ている原因|痛みを緩和するストレッチを紹介

・首が前に出ていてズッシリ重い感じがする

・デスクワーク中に首の付け根が痛い

・痛みを緩和する方法ってないの?

こんな悩みを解決します。

この記事で紹介する【首が前に出ている原因とおすすめのストレッチ】を実践していただくと、首周りがスッキリとして作業に集中できるようになります。頭痛や眼精疲労で悩んでいる方にもおすすめです!

また、記事の内容は【本当は怖いデスクワーク 座りっぱなしが、あなたの健康を蝕む 】を参考にしています。

 

首が前に出ている原因は、筋肉が凝り固まっており、付着している筋肉を引っ張って歪ませてしまうことが挙げられます。凝り固まった筋肉をほぐすためにはストレッチが効果的です。

首が前に出ている原因|ストレートネックは悪循環

首が前に出る原因

  • 座る時間が長くなった
  • パソコンやスマホを操作するときの前傾姿勢が多い
  • 骨格のゆがみによる代償

首が前にグイーンと突き出している状態を「ストレートネック」と呼びます。

首が前に出ている人が増えたのは、スマートフォンの普及と深い関係があると言われており、スマートフォンやパソコンを操作するときは目線が下がるので、自然と首が前に落ちてしまうのです。

人間の頭部は約5〜6kgと重く、首だけで頭部を支えるような姿勢になることから首コリやピリピリとした痛みが発症します。

ストレートネックの症状

  • 肩こり
  • 首の痛み
  • 頭痛
  • 眼精疲労
  • めまい
  • 吐き気

骨格がゆがむことでストレートネックになってしまい、上記のような症状を引き起こします。

ストレートネックの自己チェックリスト

すなじゅん
自分のライフスタイルや症状を思い出して下記のチェックリストをやってみよう!

自己チェックリスト

  1. 1日3時間以上、継続したデスクワークをしている
  2. ノートパソコンを使用している
  3. タブレットやスマートフォンの使用時間が1日1時間以上である
  4. 首の左右への可動域が狭い
  5. 首を後ろに倒して上を向くと痛みや違和感がある
  6. 頭が重く感じたり、締め付けられるような鈍痛がある
  7. 猫背である
  8. 腕や手に痺れを感じる
  9. 高さのある枕を使っている
  10. 壁にかかと、お尻、肩甲骨をつけて立ったときに、後頭部が壁につかない

5つ以上当てはまっているとストレートネックになっている可能性が高いと考えられます。特に⑤以降の設問にチェックが入った場合はストレートネックのリスクが高くなります。

首が前に出ているときに感じる痛みを緩和するストレッチ

ストレートネックを改善するためのストレッチ方法をご紹介します。

 

ストレッチを1回やっただけでは効果はないので、お風呂上がりなどのタイミングで習慣化できると首の痛みがラクになる実感を得られると思います。

長時間のデスクワークは病気のリスクを高める|おすすめ本を紹介

この記事では、長時間のデスクワークやスマホ依存によって首が前に出てしまった人への対処法をご紹介しました。

しかし、ご紹介できたのはほんの一部です。

本当は怖いデスクワーク 座りっぱなしが、あなたの健康を蝕む 】では、ストレートネック以外にも下記の内容が掲載されています。

内容

  • 座り過ぎによって高まる病気のリスク
  • ストレスとの関係性
  • 座り過ぎによって高まる病気のリスクやストレスとの関係性

「もっと知りたい」「興味ある!」という方は、【本当は怖いデスクワーク 座りっぱなしが、あなたの健康を蝕む 】をご覧ください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
すなじゅん

すなじゅん

Webライター&Jリーガーのマネージャー💻⚽️|スポーツ関係の専門学校卒業➡︎講師➡︎スポーツクラブ勤務➡︎Webライター|担当Jリーガーはクセの塊🔥|健康運動実践指導者|デスクワーカーが抱えるカラダの悩みを解決➡︎仕事効率化の記事を書いてます。

-仕事効率化

Copyright© SUNA BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.